So-net無料ブログ作成
検索選択

MFC5で天国と地獄を味わった話 [アーケードゲーム]

前回予告したとおり、麻雀格闘倶楽部5(MFC5)で天国と地獄を味わった話を。

三人打ちモードで東3局。自家は南家で残り数千点
ところが、ここで立直・七対子でアガれた辺りから流れが変わった。
あれよあれよという間に6連荘。点数も4万点近くまで回復。
逆に、下家を残り数千点まで追い詰めた。

しかし次局。対家がリーチ。そして、その直後のツモが対家の自風牌の西。
このゲームでは、リーチ直後に、その当り牌をつかまされて一発ロン喰らわされる事が
多々ある(注:私個人の経験則)ので、ここは、あえてテンパイを崩して西を抱え込む。
#場に一枚も出てなかったので

数巡後。もう一枚の西をツモる。この時点で対家が西を待っている可能性は
だいぶ下がったかと思えたが、安全策としてやっぱり抱えておいた。

そして流局。対家の待ちは何のことは無い、ただの両面待ち。
しかし、下家の待ちが西そのものだった。しかも、国士無双テンパイ
まさに、天国から地獄へ落ちる寸前で踏みとどまったって所ですよ。全く。

・・・だけど、それで気が緩んだか、その直後に流れそのままに下家に3連荘される。
その内1回は捨て牌に迷って間違ってドラ七筒を切った挙句、親の跳満喰らう体たらく。
まあ、結局は地獄に落ちていったわけだが(笑)

ところでその後は、流局してオーラスで対家も1回アガって、
なかなか遭うことの無い十一本場に突入
さすがに、音声合成もそこまでは用意してなかったようです。
#十本場までは、局の始めに「オーラス、十本場」って言ってくれたのですが

ってなことで、最後は珍しい現象まで見させてもらいました。
ちなみにその局は、下家の倍満に振り込んで思いっきりぶっ飛びましたが。
まあ、こんな日もあるという事で。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。