So-net無料ブログ作成
検索選択

空港保安体制 [オーストラリア日記]

先日より、国際線に搭乗するときには、100ml以上の液体を持ち込んではいけないと、
空港保安体制が強化されたそうですが、今日はオーストラリアでの話。

シドニーの空港(キングスフォード・スミス国際空港)から国内線を乗り継いで
アデレード国際空港へ。到着して、手荷物を取りに歩いていると、前方より父の姿が。
「普通なら、手荷物を取ったらゲートがあって、そこから外に出るから、迎えにきた人は
ここまでは入れないはずでは?」と思ったのだが、さほど気にせずに合流。

それから、オーストラリアで過ごして帰国の日。
同じくアデレード国際空港から出発なのだが、空港に着いて搭乗手続きを済ませ、
手荷物検査場でお別れ・・・と思いきや、一緒に手荷物検査を受けて出発ゲートまで一緒に。

・・・つまり、この空港では手荷物検査さえ受ければ、
一般の飛行機に乗らない人でも出発ゲートまで入れるのだ
流石に、出発ゲートから先は航空券がないとだめですが(笑)

その為か、お店らしいお店は、全て手荷物検査場の先にありました。
まあ、同じような店が、手荷物検査場の手前と先にある一般的な空港より効率がいいな、
と感心したのでした。
#その代わり、手荷物検査場が大変なのでしょうけど


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。